人生には色々あります。山あり谷ありと言いますが、自身が耐えられないくらいのキツイ出来事が起こると、人はうつ病を発症する事があります。
最初は大変でしょうが、いずれは良くなる事も多い病気ですよね。
体調も落ち着いた頃、人によっては通院が不要になる事もありますし、服薬していれば安定して仕事も出来るようになる場合も多いです。

そういった場合、新たに保険に入る事が出来るのか?今回はうつ病になった事のある人が保険に入れるかどうかを書いていきます。

実は意外に多くの保険で申し込み出来る可能性があります

うつ病は心の病なので、保険の申し込みにはハードルを感じる方が多いと思います。実際、骨折とか盲腸など治療が長引かずに完治も早い病気に比べたら確かにハードルは高い。それはその通りですが、だからといってうつ病については申し込みが出来ない病気でもありません。

生命保険や医療保険でもそうですし、特にがん保険は、うつ病は告知の必要がありませんのでうつ病を気にする必要は全くありません。

ただ、皆さんが申し込みをしたいとすれば、がん保険よりは生命保険や医療保険がメインになってくると思いますので、そちらについて書いていきます。

加入の決め手は告知書がポイント

まず前提として、保険の申し込みをするには告知書を記入する必要があります。告知書を記入するという事は、うつ病を保険会社に申告するという事です。
ただ、告知書も健康な方用と持病がある方用の2種類があり、この2種類は告知書の内容がだいぶ違います。

上を踏まえて書いていきますね。

告知をして保険会社の審査を仰ぐ方法…健康な方用の保険

まず1つの方法として、きちんと告知をして保険会社の審査を仰ぐという方法です。

健康な方用の保険の場合は、ほぼすべての病気について過去5年以内の通院歴を細かく告知する必要があります。現在通院していなくても5年以内であれば告知書に記入しなくてはいけません。

一例ですが、上はメットライフ生命の健康な方用の告知書です。詳細記入欄といって、治療歴について細かく記入する欄がありますね。
うつ病といった心療内科に関わる病気については告知をためらう場合もあると思います。色々なストレスがあって病気になるのがうつ病ですので、うつ病になった時の事を思い出したくない人もいらっしゃいますし、それと関連して治療中の記憶があやふやな場合もあります。

「黙っていればバレない」という気持ちにもなるでしょうが、告知義務違反はバレた時に保険が解約になる事もありますのでおススメ出来ません。

審査内容はどの保険会社も社外秘となっていますので、うつ病になったからといって必ずしも引受してくれないとは限らないのです。
ですので、まず勇気を出して告知書を記入し保険会社に判断を仰いでみるのも1つの方法です。

———————————————————————————————————
<AD>保険は専門のFP(ファイナンシャルプランナー)に相談するのが一番の近道
●『みんなの保険アドバイザー』

●『保険GATE』

●『保険の比較相談』

———————————————————————————————–

告知をしなくても済む場合

ただ、上記の様に保険会社に判断を仰ぐとして、告知をした事で「引受してくれるだろうか」という不安材料になると思います。結果が出るまで毎日不安な気持ちで過ごすのもツライですね。
そういった場合には、告知書に記入しなくても済む方法があります。

治療を行っていない場合…健康な方用の保険

健康な方用の保険に申し込む場合には、5年以内のの通院歴を記入する必要がある事を上にも書きました。

逆を言えば5年を過ぎれば告知不要となります。

色々な保険会社の告知書を見てきましたが、今のところうつ病については5年を過ぎれば告知不要な会社がほとんどで、告知必要な会社を見た事がありません。
もしうつの薬をすでに止めていて通院もしていないのであれば、通院をやめてから5年待てば告知書に記入する必要なく申し込む事が出来ます。

通院中の場合…持病のある方用の保険

実は、持病のある方用の保険に申し込む場合はそもそも5年待たずとも告知不要の場合があります。
持病のある方用の保険は告知項目がとても少なく、基本的には詳細記入欄がないので通院歴について細かく書く必要がない保険がほとんどです。

一例ですが、これはオリックス生命の持病がある方用の告知書です。

見て頂ければわかりますが、うつ病に関しては告知が必要なのは「入院を勧められている事」「過去2年以内に入院をした事」の2つになります。そしてこの3項目に該当しなければ申し込みが可能です。
もし通院のみであればすぐに申し込みが出来ますし、入院をしたのであれば、退院してから2年過ぎれば申し込み可能です。

また治療を止めて5年を経過していない場合にも、この保険は有効です。

持病のある方用の保険に加入し、健康な方用の保険に乗り換える

治療が済んでいてまだ5年経過していない方の場合は、保険の乗り換えを利用する方法があります。
まずは持病のある方用の保険に加入しておき、治療を止めて5年過ぎてから改めて健康な方用の保険に申し込むという方法です。

持病のある方用の保険は、保険料が割高ですし保障内容も健康な方用より落ちます。ですが、告知を避けたい方にとっては健康な方用の告知書は使えません。ですので一時的に持病のある方用の保険に入るという事です。
5年過ぎれば告知不要になりますので、改めて健康な方用の保険に入ると保障のいい保険にうつ病の告知をせずに申し込む事が出来ます。

ただ、この方法は告知内容にもよりますので、健康な方用の保険に申し込むときには告知書をよく読んで、うつ病の告知が必要かどうかを確かめてからにしてくださいね。

最後に

うつ病は苦しいですし、治るにも時間がかかる場合もあります。ただ、それでもうつ病の告知をせずに申し込める保険はありますし、もし治療が不要になったのであれば、5年過ぎれば健康な方用の保険の申し込みが可能な場合も大いにあります。

あきらめないで、検討してみてくださいね。