最近、価格.comのランキングに姿を現したのがSBI損保の『がん保険』。SBIは生命保険があるのですが、今回は損保の方でのがん補償です。

特徴のある保険なんですよ、内容を検証してみましょう。

損害保険ならではの補償方法

内容は?

通常がん保険は、例えば日額5,000円という様に入院日額をメインとし、通院の日額保障、がんと診断された時の一時金や治療に関する一時金、先進医療保障といった内容でまとめられています。

ところがSBI損保のがん保険は、実際にかかった費用を実費で補償するという内容になっています。

分かりやすいイラストが上になります。

一般的ながん保険の保障が左側です。この様にあらかじめ保障金額が決まっていて、状況に応じて給付金が加算されて支払われるのですが、右側のSBI損保のがん保険は原則実費で支払われます。
「がんのために被保険者の身体が受けた損害に対して実費を支払う」という、損害保険らしい保険ですよね。

この保険は、健康保険適応内の治療に限らず、自由診療や先進医療もまとめて補償されます。

入院保険金と通院保険金に分けられます

この保険は、がん入院保険金とがん通院保険金の2つに補償が分けられています。

●がん入院保険金…①がん治療で入院した時
②がん治療で入院中の手術
③入院中のがん治療で先進医療・自由診療を受けた時

●がん通院保険金…①通院でがん治療を受けた時
②がん治療での通院での手術
③通院でのがん治療で先進医療・自由診療を受けた時

入院保険金と通院保険金で補償内容に違いはないと言っていいと思います。単純に入院中の治療なのかそれとも通院中の治療なのかで保険金の種類が分かれるという事ですね。

ただ、重要な点が1つあります。

入院保険金は無制限での補償となりますが、通院保険金は最大1,000万円と上限があります。最近は入院治療よりも通院治療がベースとなっているがん治療ですので、通院保険金は上限を設定したのかなと感じますね。

この1,000万円の上限ですが、この保険が5年更新となっており、新しく更新した後はまた上限1,000万円と戻りますのでご安心ください。

特約でがん診断保険金が設定できる

この保険は、特約を付ける事でがんと診断された時の一時金を受け取る事が出来ます。この一時金は条件が合えば何度も受け取る事が出来ます。条件は下記になります。

ア.初めてがんと診断された時
イ.がんが治癒もしくは寛解となり、その後の初めての再発
ウ.原発がんが初めての臓器に転移した時
エ.原発がんと関係ない、別のがんが新たに発生した時

ただし受け取る条件としてもう1つあります。
一度がん診断保険金を受け取った後は、2年経過して上のア~エを満たした時に受け取り可能となります。

また、保険金は100万円・200万円・300万円の中から選ぶ事が出来ます。保険金額が変われば保険料も変わりますので、気を付けて下さいね。

5年更新のため、5年ごとに保険料が上がる

上にも書きましたが、この保険は5年ごとの更新となっています。
更新があると保険料がその時の年齢のものになりますので、5年ごとに保険料が上がる事になります。

保険料の一例です。5年刻みで表が作られているので、おおよその保険料の上がる率が確認出来ると思います。この表ですと約1.5倍ですね。一般的に保険の更新がある場合は、年齢の上昇とともに上がる率も高くなると言われていますが、この保険についてはそうでもなく70歳と75歳の上昇率は1.5倍より低かったです。

参考までに70歳と75歳の保険料を書いておきますね。
●70歳男性:5,040円 75歳男性:5,620円
●70歳女性:3,080円 75歳女性:3,120円

———————————————————————————-
<AD>保険の相談は保険マンモスにおまかせ。頼れるFPが相談に乗ってくれます。


———————————————————————————-

生命保険会社のがん保険と比べて保険料はどうなのか?

この保険は損害保険のがん保険ですが、生命保険会社のがん保険と比較して保険料は実際のところどの様な違いがあるのでしょうか。

こちらはアクサダイレクト生命の『がん定期』の保険料表です。SBI損保の『がん保険』と補償内容に近いのは安心プランの方です。この保険は10年満了なので、5年満了の保険と比較するのはまた違ってくるとは思います。
ただ、単純に比較すれば、40歳まではSBI損保『がん保険』の方が安いですね。ただ50代だけはアクサダイレクト生命の方が保険料は安いです。そして60代になればまたSBI損保の方が安くなるといった感じです。

ただ定期保険の怖い所は、保険料の改定が行われる事。

今の保険料と10年後の保険料が変わる事は充分考えられる事でして、今はSBI損保の方がお安く感じられるけれど10年後は分からないのです。
しかも損害保険会社のがん保険はまだ新しいと私は考えていて、しばらく様子を見ないと実際のところは分からないんじゃないかなと感じます。

はっきりした答えを出せなくて申し訳ないのですが、今のところはSBI損保に軍配が上がりますが、将来どうなるかは不透明といったところでしょうか。

自由診療や先進医療も対象

生命保険会社のがん保険は、自由診療は保障対象外、先進医療については特約で2,000万円まで保障するというのが一般的です。

ところが、この保険は自由診療や先進医療は関係なく、入院中は無制限での補償。そして通院は1,000万円(5年間)で補償してくれます。
先進医療はともかくとして、自由診療も保障してくれるのがありがたいですよね。
樹木希林さんの治療法は健康保険適応外ですし先進医療にも該当しませんので、自由診療の範囲だと私は考えているのですが、そういった治療にも対応してくれるのはありがたいと思うのです。

治療の選択が広まりますよね。いい保険だと思います。

90歳まで自動更新で補償される

この保険は、パンフレットでは75歳までの保険料しかありませんが、実際は90歳まで自動更新で保障されます。平均寿命が男性84歳・女性が88歳である事を考えると、ほぼ終身と考えてもいいのではないかと感じます。

ただ、76歳以降の保険料がパンフレットにないため、それ以後の保険料がどのくらいかによるのですが、たいていの人はがん保険単独で保険を持っている人はまれで、医療保険も加入している人がほとんどです。通常の医療保険でもがんも1つの病気として通常の保障はありますし、悪くはないんじゃないかなとは思うのですね。

ただ、やはり76歳以降の保険料をコールセンターなどに連絡をし、実際に確認してから申し込む事をおススメします。申し込む時には不明点をきちんと確認する事が大事です。

最後に

損害保険のがん保険である、SBI損保の『がん保険』をご紹介しました。

保険料もお安いのに、入院は無制限で、通院についても5年間で上限1,000万円まで実費を補償。そして自由診療も補償の対象になると考えれば、かなりいい保険なのではと感じます。
私はおススメしますね。

まだがん保険を持っていない方は、ぜひ検討してみて下さいね。