最近CMでも見かけますが、こくみん共済coopから終身型の医療保障が出ました。これまでこくみん共済coopの商品はすべて85歳までの商品であり、それ以後の保障がありませんでした。ですので、終身保障を得られるという事で、大きな変化ですね。
また今回、健康な方用以外にも、持病のある方用である緩和型の終身医療保障も同じくこくみん共済coopから出ています。若い方でも持病を持っている方はいらっしゃいますし、ましてや年齢を重ねていくと持病を抱える率が高くなり保障をあきらめる人々もいますので、こちらも大きな変化です。

共済の終身医療保障といえば、他にはコープ共済の「ずっとあい」もありますが、今回はこくみん共済coopから出ている健康体用の「終身医療保障タイプ」について触れたいと思います。

保障内容は?

終身医療保障タイプの保障内容は以下の通りになります。

●加入可能年齢 満15歳~満80歳
●保障期間 終身
●掛金(例)満20歳:男性1,670円 女性1,690円
満30歳:男性2,080円 女性2,050円
満40歳:男性2,700円 女性2,520円

●【特約】先進医療を受けた時 最高1,000万円
※入院外来を問わず最高金額を限度に技術料を実費保障
●入院した時 日額5,000円(通算1,000日)
※交通事故・不慮の事故・病気等一律の金額
※1入院最高60日分
●手術を受けた時 5万円
※診療報酬点数1,400点以上が算定された手術等
●放射線治療を受けた時 5万円(60日に1回を限度)
※診療報酬点数が加算された放射線治療等

保障期間が終身ですので、共済がどこかで自動的に終わる事はなく一生涯の保障という事になります。

掛金について

終身の掛金は加入年齢によって決まります。上の例でも書きましたが、加入年齢が20歳に比べ30歳や40歳の方が掛金は上がっていきますよね。

これは、終身型が加入年齢時の掛金・保障内容を一生約束する事に由来します。
加入年齢が高くなると、ケガや病気により治療を受ける可能性が高くなります。例えば20代での加入と40代での加入では、医療機関で治療を受ける可能性は40代の方がだいぶ高くなることは容易に想像できるはずです。こういった状態で、20歳と40歳で掛金が同じですと保障が回らなくなります。
ですので、加入年齢が上がると掛金が上がるのです。

また終身型は、加入時の掛金を継続して支払い続ける事になりますので、もし終身の掛金を安くしたいのであれば、早めの年齢での検討をおススメします。

先進医療共済金について

先進医療とは、健康保険適応外の高度な医療の中で国が「先進医療」と認めた医療になります。一例ですと、ガン治療で用いられる陽子線治療や重粒子線治療、白内障の治療として用いられる多焦点眼内レンズによる水晶体再建術などが挙げられます。
また先進医療を受けるにあたっては、同じく国が認めた医療機関での治療が必須となり、別医療機関で受けた場合には先進医療と認められないので、保険請求出来ない可能性が高いです。

先進医療の技術代は、一般的にとても高いです。陽子線治療だと270万円ほど、重粒子線治療だと約302万円、多焦点眼内レンズは約50万円と高額です。

ちなみに、この共済についている先進医療共済金は特約です。特約ですので、保障として付けるかどうかを申込時に選ぶことが出来ます。掛金は100円です。ただ先進医療の保障は他保険会社でも標準装備で付帯している事が多いですし、掛金もかなり抑えられていますので、万が一のために付帯をおススメします。

入院共済金について

この共済の入院保障は日額5,000円です。60日型で通算1,000日となっています。

まず日額ですが、医療保障タイプの日額10,000円と比べると物足りないとは思いますが、病院で入院をするとある一定の金額以上は高額医療費制度で手元に戻ってきます。ある一定の金額は所得で変わりますが、収入が月額50万円未満であれば約5万円と思って頂いて大丈夫です。ですので、実際に手出しする金額は医療費として5万円、あとは差額ベッド代や食事代など医療費以外の部分となりますが、日額5,000円あれば支障ないと言われています。

60日型というのは、1入院につき60日までの保障という意味です。

これも、現在の医療は入院治療から通院へ様変わりしており、平均入院日数は約40日と言われています。それを考えると60日分の保障があれば特に支障はないです。日額5,000円というのはFPの世界でもお客様におススメできる日額です。

また通算1,000日というのは、入院保障が1,000日までという意味です。
この事については他保険会社でもおおよそ1,000日程度の保障が一般ですので少ないわけではありません。

という事で、この共済商品の入院保障は充実していると言えます。

手術共済金について

この商品の手術共済金は手術を受けた時に一律5万円となっています。

この金額は、手術の保障としては物足りない金額ではあります。ただ、言わせてください。この共済の掛金、医療保障タイプと比べると高く感じるでしょうが終身の保険と比べると格段に安いのです。ですので、この掛金であればこの手術共済金の保障というのは納得がいきます。
あと、診療報酬点数が1,400点以上の場合の保障とありますが、これを治療代として支払った金額に計算をし直すと、3割負担と考えて4,200円以上の手術という事になります。

該当する手術はかなりありますので、あまり気にしない様お伝えしておきますね

放射線治療共済金

この共済では、60日に1回を限度として5万円とあります。

放射線治療の中には手術に該当するものもありますので、その場合は手術として扱うのか担当部署に確認をしたのですが、放射線治療を受けた場合はあくまでも放射線治療共済金の対象となるという事でした。
放射線治療を受ける代表的な病気と言えばガンになりますが、がん保険の場合は放射線治療は特に制限はなく受けられますし、60日を限度という事はありません。

ですので、ガンについての保障はこの保険と並行して別途考えた方がいいでしょう。

最後に

こくみん共済coopから初めて販売された終身型の保険。それが終身医療保障タイプです。

終身型は加入年齢で掛金が決まりますし、加入年齢が上がると掛金が高くなるのでこれまでの医療保障タイプに見慣れた方、特に40代以上の方には掛金が高く感じるかもしれません。
ただ保障も掛金と比較をすると放射線治療共済金以外は充実しているという事を考慮に入れて、一度は加入を検討してもいい共済だと言えます。

ただ、例えば60歳男性の掛金が4,980円という風に、高齢者に近い年齢となると掛金がかなり上がります。掛金の急激な上昇はこの共済に限らず終身型ではよくある事なのですが、一般的に掛金が日額と同額になると保障が見合わないと言われます。

万が一の保障のために引き合わないような高い掛金を支払うのは、保障の意味を成しません。万が一の保障も大事ですが、掛金が支払えないのであれば万が一の保障として共済を使う事も出来ませんので、その時は別の方法で医療費を考える様にしなくてはいけません。

掛金が安いうちに、早めの加入を心がけてくださいね。