配偶者が亡くなるといった万が一の時の保障として一般的なものは死亡保険です。死亡保険金を受け取る事によって、例えば子どもの学費など必要な費用を補う事が出来ますね。
一方、同じように配偶者が亡くなった時に受け取れる保険として、収入保障保険というものがあります。

収入保障保険とはどの様な保険?

この保険は、配偶者が亡くなった時から毎月決まった金額を保険金として受け取る事の出来る保険です。死亡保険と違って一括ではなく遺族年金の様に毎月受け取るという所に違いがあります。

ただ、期間無制限でいつまでも受け取れるわけではありません。

まず前提としてあるのが定期保険であるという事。つまり亡くなってから契約が終了するまでの間、毎月定額を受け取る事が出来るという保険です。

『キープ』の保障内容は?

概要は?

『キープ』の保障としては、まず毎月受け取れる保険金(収入保障年金と言います)が10万・15万・20万から選ぶ事が出来ます。
そして、保障期間は55歳満了・60歳満了・65歳満了の3つから選ぶ事が出来ます。
例えば組み合わせとしては、毎月10万円で収入保障年金を設定し60歳満了で申し込むといった形です。
そして万が一の時の受け取りとしては、上記の保障内容であればもし存命だったら60歳を迎える年まで毎月10万の収入保障年金を受け取る事になります。

受け取りの例を挙げますね。

●毎月10万円の収入保障年金・60歳満了
例1)30歳で亡くなった場合
亡くなった時から30年間、毎月10万円の収入保障年金を受け取る事になります。
・受取金額の合計
収入保障年金10万×12か月×30年=3,600万円
例2)50歳で亡くなった場合
亡くなった時から10年間、毎月10万円の収入保障年金を受け取る事になります。
・受取金額の合計
収入保障年金10万×12か月×10年=1,200万円

この様に、亡くなった時期によって受け取る保険金総額が変わってきます。これが収入保障年金の特徴です。

受取方法を選択出来る

またこの保険は、受取時に死亡保険金の様に一括受取に変更する事も可能です。

ただ、気を付けなくてはいけないのは、将来にわたって受け取る予定の収入保障年金を現在の価値に計算しなおして支払われるという点です。計算方法は社外秘ですが、実際に受け取る金額は年金で受け取る総額よりどうしても安くなります。
年金で受け取った方がいいのですが、もし大きなお金が要る場合は一括も選ぶ事が出来るという事です。

ちなみに、収入保障年金を受け取り始めた時からは保険料の支払いは不要ですので、受け取った年金から保険料が引かれる事はありませんので、安心して下さいね。

———————————————————————————————————
<AD>保険は専門のFP(ファイナンシャルプランナー)に相談するのが一番の近道
●『みんなの保険アドバイザー』

●『保険GATE』

●『保険の比較相談』

———————————————————————————————–

支払保障期間が設定される

上と同じ例で、月10万の収入保障年金・60歳満了で契約をした被保険者が58歳で亡くなったとします。その場合、本来であれば60歳をもって収入保障年金の支払いは終了となりますが、支払保障期間を5年で設定した場合は、60歳を過ぎても保障が続き、もし存命であれば63歳になる年まで支払いが続きます。

つまり、最低でも5年の支払いが保障されるという事です。

この支払保障期間は5年と1年のいずれかを選ぶ事が出来ます。1年を選んだ場合は59歳を過ぎて亡くなった場合にそこから1年間の支払いが保障されるという事になります。
保障期間である60歳を超えて保障が続く、という所がポイントです。
例えば晩婚などで60歳を過ぎても子どもが独り立ちする年齢に達しない場合は5年で設定した方がいいはずですし、逆に60歳で子どもが独り立ちする年齢に達している場合は、1年で充分なはずです。

この支払保障期間を5年にするか1年にするかで保険料が変わってきます。保障の長い5年の方が保険料は高いですので、どちらがいいのか検討してみてくださいね。

保険料は?

『キープ』は年齢や保障内容によって加入年齢が異なります。赤で囲われている部分は申し込みに健康診断書の提出が必要な性別・年齢となっています。

申し込む方の性別・年齢を確認して、必要であれば健康診断書の準備も忘れずにしてくださいね。

『キープ』はネット商品です

この商品はネット申込専用の保険商品です。ですのでインターネットを使って申し込む必要があります。
窓口での申し込みと同様に申込書と告知書の記入がありますが、窓口とは違って自宅でネットを使って申し込む事になりますので、いくつか注意点を書いておきますね。

入力は契約者が行う事

窓口の申込書や告知書もそうですが、申込書は契約者・告知書は被保険者が記入する事になります。オリックス生命のネット保険は契約者と被保険者が同一ですので、結局は申込書も告知書も契約者が入力する事になります。
ご主人が忙しいのでといって奥様が入力してはいけませんので気を付けて下さいね。

お薬手帳を準備しよう

健康状態の告知をするページがありますが、告知は過去5年以内のものをほぼ全て入力する事になります。現在特に通院をしておらず、覚えていなくても、5年以内であれば何か病院で治療を受けた可能性はあります。中には骨折でギプスをはめていた事を忘れる事もあります。

ですので、入力するまえにお薬手帳を準備しておきましょう。

メンテナンスの時間に気を付けよう

オリックス生命の場合、毎日午前3時~午前5時の間はメンテナンス時間で申し込みのページが使えなくなります。
「その時間帯は寝ています」という方も多いでしょうが、毎日忙しくてたまたまその時間に申し込みを始める場合もあります。入力時間には気を付けて下さい。
ただ、もし入力中に時間が無くなったとしても、入力した内容は一時保存されますので、再び時間が出来た時にマイページから入って再度入力すれば大丈夫です。

ただ、お誕生日が近い場合は、誕生日を過ぎると保険料が上がりますので早めに入力を終えて送信するようにして下さい。

最後に

今回は、オリックス生命の収入保障保険でしたが、死亡保険に代わって最近は注目を集め始めている保険です。
一括で死亡保険金を受け取るのもいいけれど、毎月決まった金額で受け取る事が出来れば毎月の生活費の中に組み込んで活用する事が出来ますね。

いい保険ですので、検討してみてくださいね。