最近、スマホでYahoo!をいじっていると、ライフネット生命が「生命保険を、安さだけで選ぼうとしてない?」という広告を打ってくるようになったんですね。ライフネット生命と言えば厚切りジェイソンさんが「保険料が業界最安値」とCMで話しているのが有名ですが、他に保険料の安い保険会社があるのでしょうか。

しばらくしているうちに「業界最安水準」とうたっている保険会社を見つけました。
SBI生命です。

今回はSBI生命とライフネット生命で、保障や保険料の違いを検証してみる事にします。

保障内容は?

ライフネット生命の保障内容

厚切りジェイソンさんがCMをしているのは、ライフネット生命でも定期死亡保険である「かぞくへの保険」です。
この保険の保障内容は以下の通りになります。

●ライフネット生命「かぞくへの保険」(定期保険)

●保障年齢:20歳~90歳
●契約可能年齢:20歳~70歳
●保障期間:年満了(10年・20年・30年)歳満了(65歳・80歳・90歳)

●死亡保険金:20歳~50歳 500万円~1億円(100万単位で設定可能)
51歳~70歳 300万円~1億円(100万単位で設定可能)
●高度障害保険金
※病気やケガを原因として約款所定の高度障害となった場合に保障対象
●保険料の払込免除
※約款所定の障害状態になった場合。

定期型とはいえ90歳まで保障してくれ、また死亡保険金も最高1億円まで保障範囲に入るという、様々な活用が見いだせる保険です。

SBI生命保険「クリック定期Neo」の保障内容

続いてSBI生命保険の中で「業界最安水準」とうたっている定期型死亡保険「クリック定期Neo」の保障内容を見ていきます。

●SBI生命保険「クリック定期Neo」(定期保険)

●保障期間:20歳~80歳
●契約可能年齢:20歳~69歳
●保障期間:年満了(10年・15年・20年・25年・30年)
歳満了(55歳・60歳・65歳・70歳・75歳・80歳)

●死亡保険金:300万円~1億円(100万単位で設定可能)
※契約年齢が20歳の場合は5,000万円まで
●高度障害保険金:死亡保険金と同額
※約款所定の高度障害になった時に支払われます。

●約款所定の身体障害状態による払込免除あり。

【災害割増特約】
●災害死亡保険金:100万円~死亡保険金を超えない程度
※不慮の事故もしくは所定の感染病で無くなった時に支払う死亡保険金
●災害高度障害保険金:災害死亡保険金と同額
※不慮の事故もしくは所定の感染病で約款所定の高度障害状態になった時に支払われます。

【障害特約】
●災害死亡保険金:100万円~死亡保険金を超えない程度
※不慮の事故もしくは所定の感染病で無くなった時に支払う死亡保険金
●障害給付金:不慮の事故により所定の身体障害状態になった時に支払われます。

【特約】
●リビング・ニーズ特約
※余命6カ月と診断された場合に、死亡保険金全額もしくは一部が支払われます。

ライフネット生命と比較すると、保障期間は80歳ですので、平均寿命を考えたら死亡保険金を実際に受け取るためにといった理由での申し込みは躊躇してしまいますが、災害死亡保険金の上乗せが出来るという特徴がありますね。病気より不慮の事故で亡くなる可能性の高い若い人にはいいですね。

2つの保険を比較してみましょう

保険料は?

まず比較をするにあたって、一例として死亡保険金500万円(10年満了)をそれぞれ20歳男性・30歳男性・40歳男性が加入した場合で、保険料をシュミレーションを使って算出してみます。
条件を一致させるために、SBI生命保険「クリック定期Neo」については特約による災害死亡保険金等の上乗せをナシとします。

●ライフネット生命「かぞくへの保険」死亡保険金500万円(10年満了)
20歳男性:保険料585円 30歳男性:659円 40歳男性:1,087円

●SBI生命保険「クリック定期Neo」死亡保険金500万円(10年満了)
20歳男性:保険料550円 30歳男性:620円 40歳男性:1,055円
※特約ナシ

同じ条件で比較をしてみると、ライフネット生命「かぞくへの保険」よりSBI生命保険「クリック定期Neo」の方が保険料は抑えられています。確かにこうして見るとライフネット生命は業界最安値ではないですね。でも最近では新しい生命保険会社がどんどん生まれているし、新しい保険商品もどんどん生まれていますから、後から出来た保険がより安い保険料を作り出している事も全然おかしい事ではありません。

これは保険商品の良し悪しというよりも保険業界の競争によるものであり、より多くの契約者を得るために人気のある商品を開発していく事も、保険会社の使命なのです。
単純に会社の利益のためというよりも、保険の運営において多くの契約者を得る事は、それだけその保険商品が安定する事を意味します。

これを専門用語で「保険団体」「保険集団」と言うんですけれどもね。大きい保険団体・保健集団を作る事が大事とされています。

どちらにしろ似たような保険料ですので、あとは保険会社で選ぶのも1つの方法です。どちらが信頼出来そうとかどちらが好みとか、そういった問題になっていきます。
じっくり考えて選んでくださいね。

保障内容は?

ライフネット生命「かぞくへの保険」とSBI生命「クリック定期Neo」の保障内容を比較してみると、特に大きな違いは「クリック定期Neo」には災害死亡保険金の上乗せが出来るという所です。

災害とは「不慮の事故もしくは所定の感染症」を指しますが、この部分が上乗せ出来るとはどういう意味を持つのでしょうか。これは不慮の事故に逢いやすい契約者がその部分の保障を強く出来る事を意味します。

例えば20代の若い年齢の方は、病気というよりは事故で亡くなる確率の方が高いですし、職業だと建築業といった危険を伴う仕事をしている方は事故で亡くなる確率が高いです。そういった方が災害死亡保険金を上乗せして万が一のために備えるために有効な特約という事になります。
ただ、職業の危険度については保険の引受の審査に含まれますので、どの範囲まで引き受けてくれるかが問題ではありますが、引き受けてくれるのであれば災害死亡保険金の上乗せをするのもいいのではと思います。

こう考えると、総合的にSBI生命保険の「クリック定期Neo」の方に軍配が上がるかな…

最後に

ライフネット生命の「かぞくへの保険」、SBI生命保険の「クリック定期Neo」。両方比較してみましたが、保険料についても保障内容についてもSBI生命保険の「クリック定期Neo」の方がいいのではと感じました。

ただ、上にも書きましたが、特に災害死亡保険金の上乗せを必要としないのであれば保険料はそれほど変わりませんので、どの保険会社が自分の好みか・信頼できるかといった保険会社を1つの基準として決めていってもいいのではと思います。

特に、死亡保険金を受け取る時に信頼できるかどうかはかなり大きなポイントになります。万が一の時に死亡保険金を受け取るためにイヤな思いをしない方がいいですよね。
その辺りは、口コミを見てみるといいと思います。

じっくり考えて決めてくださいね。