私たちが日ごろお世話になっている保険。生命保険や医療保険、損害保険などありますが、一方「共済保険」もたくさんあります。こくみん共済、県民共済、COOP共済など、テレビや新聞広告でよく見かけます。

保険と共済。どちらも保障を基にした商品ですが、実際はどう違うのでしょうか。

保険と共済は監督や保障対象に特徴がある

まず保険はどの保険会社であっても金融庁の許可を得て、保険業法に則り運営がされています。一方、共済は各共済によって監督団体が違います。JA共済は農林水産省が監督を行いますし、全労済や県民共済は厚労省が監督を行っています。

小難しいですね。正直、お客さん側にとってはどこの省庁が管轄するかは意味がないですよね。
実際、業務においても意味はないです。
言えるのは、保険は保険証券という言葉がある通り金融証券の一種ですから、やっぱり金融庁扱いなんだろうなという事です。

また一番特徴的なのは、共済は団体が運営しその組合員に保障を提供しているという事。JA共済はJAの組合員が対象ですし、全労済は全労済の組合員、県民共済は県民共済の組合員を対象に保障を提供しています。

共済は組合員にならないと加入出来ないのです。

そして組合員になるのに条件が必要な場合もあります。例えばCOOP共済はコープの組合員にならなくてはいけませんが、組合員になるのに出資金を支払う必要があります。出資金の金額は各コープによって違います。
この出資金は、コープの組合員を辞める時に返金されます。

保障のために出資金を支払うというシステムに抵抗がある人もいますね。

保険より共済の方が助け合い精神が強い

保険は不特定多数の人を対象とし、それぞれの危険度を予測して合理的な保険料を用意しています。この合理性とは、様々な違った条件下でも公平になるような保険料を加入者に設定するものであり、特に公平性については保険の歴史と絡み合って長年研究されてきたものです。

一方共済は、組合員に対する保障という事からも分かるように、特定の職業や地域に限定した人を組合員として対象としています。そのため助け合い精神が強く、掛金が一律となっています。また、共済は見舞金の意味合いも強く保障の金額に限度があり、一般的に保険よりも低めの保障金額となっています。

また共済は組合員の意見が反映される事もよくあり、例えばギプスの給付金請求の内容が薬指や小指は保障対象外だったのが現在はギプスを使った場合は一律の保障となっています。

共済は「組合員のために」という意識の強い保障なのです。

保障の割に掛金が安い

共済の一番の特徴は保障の割に掛金が安いという事です。

それは単に「助け合い精神が強い」からという事ではなく、特定の職業や地域に限定して組合員を募集する事で加入者をある特定の条件で集める事が出来、それに従い共済が共済金を支払う可能性を限定出来、それによって掛金が調整出来るという利点があるからです。
様々な危険に対応しなくてはいけない保険より、危険を限定出来る共済の方が掛金が抑えられるという事です。

また保険には付加保険料というものがあり、会社の運営に必要な費用を保険料の一部として加入者から受け取っています。これは会社の運営上0円にするのは出来ないものではありますが、保険会社が各地に支部として自社の建物を建てている事を考えると、どのくらいの費用を運営費として考えるかは各保険会社の裁量による事がよく分かりますし、はたしてここまで運営費として必要なのかと疑問に思う事もあります。

一方共済は、付加保険料に当たる部分については比較的経費を抑えている傾向にあり、それは共済が比較的慣れ親しみやすい制服を着ていたり、共済そのもので建物を建てる事が少ない事も含めて経費を抑えているのが見て分かります。共済自身が使うお金が少ないというのは組合員から見て安心感がありますよね。

保険と共済はどちらがいいのか?

共済は掛金が安く保障も手頃な保障です。給付金請求が出来る範囲も広めに設定されています。また加入するには組合員になる必要もあり、それによりハードルを感じる事もありますが、いったん加入すると仲間がいる事により連帯感が感じられます。
また、保険と違って組合員にとって優位な保障を商品としていますので、掛金の割に保障が高いという大きなメリットがあります。

ただ、保障の内容に限りがあるという欠点があります。保障内容も決まっていて選べないですし、共済が組合員として想定している人物像から外れている場合は保障が物足りなく感じる可能性は高いです。

一方、保険は万人に対しての公平性が前提となる事もあり、その分高い保障を付ける事が出来ます。それは特定の人物像を組合員として設定する共済と違い、被保険者の実態から導かれる危険に応じて妥当な保障・保険料が設定されるという事です。
共済と違い、同じ保険商品であっても様々な特約があり自由に選べますし、各保険会社で抱える保険商品の数も多いですから、その分選択肢の幅も大きいです。

どちらがいいかは人それぞれです。手軽な共済と保障の幅のある保険。納得のいく保障を選んでくださいね。