医療保険のパンフレットを見ていると、必ず目にするのが「先進医療特約」です。目立たない特約ではありますが、今はどの医療保険にもこの特約がついている事がほとんどです。

この「先進医療」って何でしょうか?
医療保険を考えるうえで大事ですので、ここで、先進医療のおさらいをしてみましょう。

「先進医療」と指定されるには条件があります

効果のある治療法と国に認められている

「先進医療」自体、日常生活する中ではあまり耳にしない言葉ですが、でも、保険を検討したり、実際に先進医療を受ける様な病気にかかった場合に「自分の病気がもしかして治るかもしれない…」と期待を寄せるかもしれませんね。

「先進医療」とは、健康保険適応外だけれども国が高度な医療として定めた治療法です。

医療は日々進歩しており色々な治療法がどんどん生まれていますが、開発された治療法がすぐに健康保険適応になるわけではありません。病院などでも特にがんなどで医師から「まだ健康保険適応外だけれど、よく効くから」と提案されて高い薬を使う事がありますよね。
先進医療は、そんな数ある治療法の中からある程度効果が認められる治療法について国が「先進医療に該当する」と決めている治療法なんです。

ですので、まず治療法が国に認められている事が前提となります。

治療出来る医療機関が国によって定められている

ただ、国が「先進医療」と認めた治療法ですが、その治療法をどの病院が行っても「先進医療」として認められるわけではありません。「先進医療」の定義としてもう1つあるのが、治療を行う医療機関が国によって定められているという事です。

上記の表は厚生労働省のホームページです。

見て頂きたいのですが、それぞれの先進医療について実施する医療機関が決まっています。この医療機関は一度決まったらずっと認定されるという事でもなく、治療が実施出来ないといった事情で外される事もあります。
また、先進医療とされる治療法も日々増えていきますので、先進医療については日々変動があるという事になりますね。

———————————————————————————————————
<AD>保険は専門のFP(ファイナンシャルプランナー)に相談するのが一番の近道
●『みんなの保険アドバイザー』

●『保険GATE』

●『保険の比較相談』

———————————————————————————————–

実際にはどのような治療法があるの?

それでは、実際に「先進医療」にはどのような治療法があるのでしょうか?

医療保険のパンフレットでよく見られるのが、「陽子線治療」・「重粒子線治療」・「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」です。
「陽子線治療」と「重粒子線治療」はどちらともがん治療に用いられる治療法で、「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」は白内障の治療に用いられます。

「陽子線治療」と「重粒子線治療」ですが、この2つはがん細胞にそれぞれ陽子線や重粒子線を当てるもので、病院で受けられる放射線治療と比べてがん細胞に直接作用し、健康な細胞への攻撃が少ないと言われています。また陽子線より重粒子の方が効果が高いとも言われています。
がん治療を受けている人にとっては、受けてみたい治療のうちの1つだと思います。

一方「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」ですが、こちらは白内障で濁ってしまった水晶体の代わりにレンズを入れる手術です。

白内障という病気は、通常私たちがものを見る時にレンズとして用いられている水晶体が白く濁る病気です。水晶体再建術とはその使えなくなった水晶体を取り除き、人工で作られたレンズを入れる手術です。
そのレンズには種類があり健康保険適応内の単焦点レンズもあるのですが、こちらは1点に焦点が合うレンズなので実際の水晶体の見え方と違って見えない箇所が出てきます。こうした不便さを解消するのが先進医療の多焦点レンズと言われ、複数箇所に焦点が合い水晶体に近い見え方となるレンズです。

見え方が自然になるのであれば、多焦点レンズの方を使いたいですよね。

この様に、健康保険適応外だけれどもより良い治療法が先進医療として定められているのです。

治療代は実費扱いです

ところが、先進医療には大きな問題があります。健康保険適応外ですので実費扱いとなる事です。
先進医療を受けるまでの診察や検査等は健康保険適応内になっても、実際の先進医療の治療となる技術料は確実に実費扱いになります。

その金額は、陽子線治療で約280万円、重粒子線治療で約300万円と言われています。

また、もう1つ大きな問題があります。先進医療の種類によっては治療が受けられる医療機関がとても少ないという事です。
多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術は全国各地で受ける事が可能ですが、陽子線治療・重粒子線治療はそうはいかず、それぞれ17か所・6か所となっています。そのため医療機関への移動、入院費など技術代の他にも経費が生じますので、治療を受けるのがとても大変です。

樹木希林さんが生前がん治療のために鹿児島まで通っていた話はご存じでしょうか。樹木希林さんが受けたのは陽子線治療でも重粒子線治療でもありませんが、高度な治療を求めて遠くまで出かけて治療を受けていたのは有名な話です。

先進医療も治療によっては樹木希林さんと同様に遠くへ出かける必要があり、治療代も経費も掛かるという事です。

医療保険の先進医療特約の役割

ここで、医療保険の先進医療特約が出番となります。

先進医療特約は技術料の実費を保障してくれる特約です。各保険会社によって上限が違いますが、1,000万円か2,000万円が上限となっています。陽子線治療であれば5回か10回治療が受けられます。
検査料や経費は特約の保障対象外ですが、技術料の負担が保険で賄えるのであれば治療の候補に入れる事が出来ます。とても助かりますよね。

そして、この特約の保険料は100円台ととてもお安いのです。

医療保険の先進医療特約は目立たない特約ではありますが、時により大きな役割を担ってくれるのです。

最後に

今回は、先進医療がどのようなものなのか、それによって先進医療特約がどのような役割を持っているのかを書いてみました。

もし先進医療を使う機会があるのであれば、積極的に先進医療特約を使う事をお勧めします。