今は医療がかなり進歩したといっても、がんは今でも重い病気。ショックを受けるだけでなく治療で体力を消耗しますし、それどころか治療代も高くつきます。
万が一がんになった時の保障としてよく知られるのはがん保険ですが、がんの保障はがん保険に限らず医療保険のがん特約や一時金によるがんの保障など色々あります。

この保険は、がんを含め三大疾病の保障を一時金によって行う保険です。

どの様な状態になると給付金が支払われるの?

この保険はがんと三大疾病の保障を行っていますが、三大疾病の病気は脳卒中や急性心筋梗塞を指しています。

上のイラストが主な給付金対象の状態ですが、分かりづらいですね。どのような状態が対象になるのかを約款で確認してみましょう。

給付金が2種類あります

まず、ポイントについて書いていく前に大事な事があります。

この保険には給付金が2種類あります。正確には特定疾病・疾病障害保険金と特定疾病・疾病障害ワイド給付金の2種類となりますので、保険金と給付金ですね。特定疾病・疾病障害保険金の方が障害の程度が高い事と金額が高額であり、特定疾病・疾病障害ワイド給付金の方が障害の程度が低めで金額も低く抑えられています。

身体状態によって保険金・給付金のうちいずれかが支払われるという事ですね。

ポイント1について

ポイント1が該当するのは「特定疾病・疾病障害保険金」です。

上の図を見ると保険金が支払われるのは「三大疾病による所定の状態のとき」とありますが、所定の状態とはどの様な状態を指すのでしょうか。

まず脳卒中について。

脳卒中を発病し、初診日から60日以上、言語障害・運動失調・マヒ等の他覚的な神経学的後遺症が継続したと医師に診断された時となります。ですので脳卒中になったからといって必ず請求出来るのではなく、初診日から60日が過ぎるのを待ってなお後遺症が残っていると医師に診断される事が必要となりますね。
実は、脳卒中って体の変調に気づいてすぐに受診すれば完治しますが、1日置いただけで完治に至らない場合もあって、後遺症が残る場合も多いんです。ただ、それが日常生活に支障がない程度なのかそれとも支障が出る状態なのか。他覚的ですから、自覚症状ではなくあくまでも医師による診断ですので、それなりに日常生活に支障がある状態である場合が対象になるのではと思います。

次に急性心筋梗塞の場合。

心筋梗塞を発症し、初診日から60日以上、労働の制限を必要とする状態が継続したと医師に診断された時となります。
この「労働の制限を必要とする状態」ですが、約款には「軽い家事等の軽労働や事務等の座業はできるが、それ以上の活動では制限を必要とする状態」とあります。軽い家事等の軽労働や事務等の座業とはいうものの、家事や事務をいつもの様に行うと決して軽労働でない事はご存じの通りですから、どこまで医師が診断するかは気になる所ですね。

最後にガンの場合です。

まず、基本的な所としては、保険に加入してから生まれて初めてのガンに罹患した場合にのみ保障されます。ですので、一度でもガンになった事のある場合は保障がありません。
ただ、他のガン保障と違う部分があって、通常必ず付いてくる90日間の免責期間がありません。ですので加入後90日以内にガンとなった場合でも保障されます。ここは新しいですね。
ただし、それでも乳がんや乳房の上皮内がんには90日間の免責期間は付いています。
ですので、ガンの種類によって90日以内に保障がある場合とない場合があるという事です。

ガンについてまとめると、生まれて初めてのガンに対してのみ保障がされるけれども乳がんおよび乳房の上皮内がんについては90日の免責期間があるという事になります。

ガンは割とはっきり分かりやすい内容となっていますが、脳卒中や急性心筋梗塞については医師の診断に委ねられるものとなります。ですので、まず自分が保険に入っている事、そして保険金を受け取る条件について主治医にきちんと伝えた上で、医師に相談してみる事が大事ですね。

ポイント2について

ポイント2は特定疾病・疾病障害保険金および特定疾病・疾病障害ワイド給付金のいずれかを受け取れる項目となっています。条件は「病気による所定の障害状態のとき」となっていますね。

パンフレットにある大まかな内容ですが、上の図に該当する場合に請求出来る事となっています。ただ、上の図に該当しても場合によっては保険金や給付金が支払われない場合がある様ですので、太陽生命や医師に相談しながら考えていくのがベストです。

ポイント3

ポイント3は特定疾病・疾病障害ワイド給付金に該当する項目です。

特定疾病・疾病障害保険金を受け取る条件より軽い身体状態で、上記に該当する場合に給付されます。
給付金の金額としては、特定疾病・疾病障害保険金が9割とすれば特定疾病・疾病障害ワイド給付金は1割の金額となります。保険金と比べれば給付金の金額は低いですが、それでも一時金として最大100万円受け取れるのであればかなりの金額になりますね。

ガン・急性心筋梗塞・脳卒中とも高度な治療が行われる場合も多いですし、退院後の通院を考えると入院した事で一時金として給付金が受け取れるのはとても助かりますね。

10年ごとに更新があります

この保険は10年更新の定期保険です。

上の図は一例ですが、30歳で加入すると40歳の時に更新があります。その後も10年ごとに更新があり、85歳まで契約を持ち続ける事が出来ます。ただし更新の度に保険料は上がるので、85歳まで持ち続ける事は難しく、解約をするタイミングを考える必要があります。

解約のタイミングを考える

一例ですが、保険料は以下になります。

●35歳女性 特定疾病・疾病障害保険金300万円の場合
保険料 1,887円
●45歳女性 特定疾病・疾病障害保険金300万円の場合
保険料 3,034円
●55歳女性 特定疾病・疾病障害保険金300万円の場合
保険料 4,821円
●65歳女性 特定疾病・疾病障害保険金300万円の場合
保険料 8,550円
●75歳女性 特定疾病・疾病障害保険金300万円の場合
保険料 10,355円

保険金300万円でざっとシュミレーションしてみましたが、保険料の上昇率は分かりやすいはずです。おおよそですが更新の度に1.5倍ずつ上がっていきます。65歳女性・75歳女性の保険料は高すぎて現実的ではありませんね。
先ほど解約するタイミングを考える必要があると書きましたが、解約するタイミングはずばり保険料が高くて支払えないと感じるタイミングです。保険はあくまでも万が一の保障ですので、生活費を脅かすような保険料を支払い続けるのはおかしいですよね。実際、生活費に困って経費を減らす場合に保険の解約は比較的思い浮かべやすいものです。

ただ、このシュミレーションでは保険金300万円で計算していますので55歳以降の保険料に割高感がありますが、実際は一時金としては100万円でも問題ないはずです。保険料が高いと感じた時点で保険金額を下げる、つまり減額をするのも1つの方法です。そうすると、55歳女性の場合で保険料が1,607円に収まりますので手頃な保険料になります。

終身型の医療保険を別に持っておく

あとは年金生活を迎える65歳以降の事を考えて、更新のない終身型の医療保険に1つ入っておくのも方法の1つです。

一時金をもらえる事のメリットは、その時にかかる医療費に充てる事が出来るという点と、同時に仕事復帰に時間がかかる・また子育て世代でお金がかかる場合は生活費に充てる事が出来るという点です。そう考えると、一時金が必要なのは35歳~55歳頃まで。
その頃合いまでは医療保険の上乗せ保障としてこの保険に加入しておき、お金がかからなくなった年齢に解約をして終身保険の1つに保障を絞る事で、必要な時は多めの保障を付け、その後は必要な分だけ終身の医療保険で補うという有効的な活用を行う事が出来ます。

一時金はあれば便利ですが、この保険に関しては定期保険で保険料の上昇がネックになりますので、うまく活用して有効的に利用したいですよね。

スマートフォンで申し込めるスマ保険です

ちなみにこの保険は、太陽生命の中でもスマートフォンで申し込みの出来るスマ保険です。ですので、いちいち代理店に足を運ぶ必要もないですし申込用紙や告知書を記入する必要もありません。
マイページで保険料をシュミレーションし、そこから申込ページに入って指示に従って入力し、保険料をカードで支払って完了です。

とても手軽に申し込める保険です。

ただ、手軽なのはいいですがあくまでも保険ですので、申し込む時には充分検討して申し込んでくださいね。