最近「入院を一時金で保障する」タイプの保険がいろいろ販売されていますね。太陽生命のスマ保険の中にもそういう商品があって、『入院一時金保険』という商品がそれに当たります。ちなみにこの商品の場合は「日帰り入院でも最高40万円の入院一時金を受け取れます」というフレーズが有名です。
日帰り入院で40万円はかなり大きな金額ですよね。

はたして『入院一時金保険』とはどのような保険なのでしょうか。

入院保障を、日額ではなく一時金で保障する保険

入院に関する保険なのですからもちろん医療保険なのですが、医療保険でよく聞く言葉は「日額」だと思います。「日額」つまり入院した時の1日の保障金額を決めておき、入院日数で保障を行うのがこれまでの一般的な医療保険です。
例えば日額5,000円で5日入院をした場合は、日額5,000円×5日で25,000円が入院に対する保障(入院給付金)といった感じです。

しかし、この保険の場合は、入院した時に一時金を給付する事で入院保障を行う様になっています。日帰り入院から保障されているので安心ですね。

保障内容は以下の通りです。

●保障金額:1万円~20万円から選択可能
●保障期間:10年
※10年間で通算20回の受け取りが可能
※80歳まで更新可能

しかしこの内容だと、「日帰り入院でも最大40万円の入院一時金」というフレーズが合いませんね。実は、この保険には入院一時金の他に上乗せの保障を付ける事が出来ます。

上乗せとして、女性入院一時金保険・生活習慣病入院一時金保険がある

上乗せの保障としては、女性の場合は女性入院一時金保険、男性の場合は生活習慣病入院一時金保険という保障があります。上乗せ分の保障は入院一時金の保障と同額となっており、付帯するかどうかは選ぶ事が出来ます。

つまり、入院一時金の保障を最大である20万円とし、上乗せの保障をつければ最大40万円の保障が付くということになります。

ちなみに女性入院一時金、生活習慣病入院一時金に該当する病気はおおよそ以下になります。
分からない点は問い合わせてみて下さいね。

———————————————————————————————————
<AD>保険は専門のFP(ファイナンシャルプランナー)に相談するのが一番の近道
●『みんなの保険アドバイザー』

●『保険GATE』

●『保険の比較相談』

———————————————————————————————–

手術給付金はありません

この保険は一時金で入院時の保障をすべて補う保険となっています。ですので手術給付金が付いていません。入院一時金の保障金額を1万円から20万円の間で選ぶ事が出来ますが、手術分を含めて設定する必要があります。
申し込む時には注意して下さいね。

すると、これまでの一般的な日額保障のものとどちらがお得なのでしょうか?

一般的な医療保険と比較するとどちらがお得?

こちらは40歳女性が子宮頚管ポリープで日帰り入院をした時の給付金の比較です。一例ではありますが、保険料も近い金額で一時金での保障と日額での保障の例を挙げています。

これはあくまでも女性入院一時金に該当する病気の日帰り入院(プラス簡単な手術)で保障ですが、日額保障の場合は1日の入院のため日額5,000円の保障、そして女性特有疾病での上乗せ日額5,000円の保障、この2つの合計で1万円という給付金になっています。
一方、一時金での保障の場合は入院一時金5万円に女性特有疾病での上乗せで5万円の保障、これを合わせて10万円の保障となっています。

ここで気になる点が1つ。日額保障の分に手術保障が付いていないんですよね。

大抵の人は手術保障を付けていると思われるので、一般的に入院中の手術として一番低い金額である日額の10倍(※1)、つまり5万円と考えると入院保障1万円に5万円をプラスして6万円というのが実際の給付金額になるのではと思われます。
(※1)実際のポリープ切除術の保障についてはお問合せください

日帰り入院については、一時金保障の方が圧倒的に給付金が高いですね。

日帰り入院以外ではどうでしょうか?
まずは日額保障で手術があった場合に、何日の入院で一時金保障の10万円と同額になるのかを逆算してみましょう。

給付金を10万円にするためには、日額保障で手術給付金が5万円だった場合、上乗せ金も合わせて入院日額1万円と考えると入院5日となります。つまり、女性特有の疾病で5日の入院をし、簡単な手術を受けた場合の給付金と入院一時金10万円がおおよそ同じ位の給付金になるという事です。
そこから比較していきますと、これが女性特有の疾病での入院ではない場合は、同じ5日間であれば手術が付いていれば日額の方がお得ですし、手術がなければ一時金の方がお得です。

比較をしていくとキリがありませんし、どちらがいいのかは何とも言えませんが、日帰り入院をする人もいるでしょうし手術ありで5日間の入院をする事もあるはずです。
ただ、あまり入院をしない人であれば一時金の方が保障が高いですし、家系的に病気にかかりやすいのであれば日額の方が最終的に給付金は高くなるはずです。

家系や自身が病弱なのか入院に縁がないのかを考えながら、どちらがいいのかを検討するといいですね。

迷うようであれば、専門家であるFP(ファイナンシャルプランナー)に相談してもいいですね。

保険相談の保険クリニック

申し込みについて…スマ保険「保険組曲Best」のうちの1つです

ところで、この保険は太陽生命の中でもスマホで申し込みの出来るスマ保険です。

また、太陽生命にはいくつかの保険を組み合わせる事の出来る「保険組曲」という商品がありますが、こちらはスマ保険の中の商品3つを組み合わせる事の出来る商品です。3つ組み合わせてもいいですし、1つだけの申し込みも大丈夫です。

組み合わせればその分保険料は上がりますが、保障も充実されます。組み合わせる事の出来る保険の中には働けなくなった時の保障である「就業不能保険」もありますので、検討してみるのもいいですね。

最後に

今回は、スマ保険の中でも保険組曲Bestの1つである『入院一時金保険』について書きました。
入院を一時金で保障する保険は最近の流行の1つ。保険料もお手頃ですので今持っている日額保障の医療保険に上乗せとして加入するのもいいですね。

ただ、10年満期ですので更新がある事だけは忘れずに。

ぜひ検討してみて下さいね。