東京海上日動あんしん生命の医療保険シリーズの中でも、持病のある方用で保険料の還付のないタイプ『メディカルKitラヴ』。東京海上日動あんしん生命も色々なタイプの医療保険を販売しています。
最近は色々な保険会社が色々な特色の保険を販売しているので、選びがいがありますね。

この保険はどの様な内容なのでしょうか。

持病のある方用のスタンダードな医療保険です

この保険は、持病のある方用のスタンダードな医療保険となっています。真新しさは少ないのですが、逆を言えばスタンダードはこれまでの保険でお客さんに認められてきた保障で作られた保険ですから、安定感があります。

東京海上日動あんしん生命の医療保険といえば「使わなかった保険料が戻ってくる保険」ですが、この保険はそれに該当しません。その代わり保険料が割安になっています。

保障内容は?

まず、この保険は終身です。終身ですので途中で保険料が上がる事がありませんので安心です。
保障内容は以下の通りになります。

●入院保障:日額10,000円・5,000円
1入院60日と1入院120日からお選び頂けます。
日帰り入院から保障あり。
※通算の支払い限度日数は保険期間で1,095日となります。
※日額は3,000円~10,000円の金額でも設定出来ますので、お問合せして下さいね。
●手術保障:入院中の手術・骨髄等の採取術 1回につき日額の10倍
:外来での手術 1回につき日額の5倍
:放射線治療 1回につき日額の10倍
※骨髄等の採取術については契約してから1年を過ぎてから有効。保険期間で1回のみ保障。
※放射線治療は60日に1回を限度とします。

また、オプションとして以下の特約を付ける事が出来ます。

●がんの入院保障:入院保障の日額と同額
※がんの入院日数を無制限にするためのオプションです。
●先進医療の保障:技術料を同額保障。通算2,000万円まで
※ただし、先進医療保障のみ10年満期で90歳まで自動更新となります。

オプションを付けると保険料が上がりますが、保障が手厚くなりますので安心ですね。

支払削減期間が1年間設定されている

この保険は持病のある方用の保険ですので、給付金の支払いに対して削減期間が設けられています。削減は50%。期間は1年間です。

この削減期間というのは、例えば入院日額10,000円の保険を持っていて契約1年未満で入院を10日した場合、本来であれば10万円の入院給付金が支給される所を加入して1年未満であるという理由で半額の5万円が支給されるというものです。

通常、医療保険は加入前にかかっていた病気については一定期間の保障がなかったり、場合によってはずっと保障がされないといった対応がなされるものですが、この保険は加入前にかかっていた病気に対しても保障されます。
その代わり、契約して1年過ぎるまでは保障が50%になるという条件が付くという事です。

ですので、加入して1年過ぎるまではじっと静かに過ごして、1年を過ぎるのを待つことをおススメします。

告知はどの様な内容?

持病のある方用の保険という事で、告知書も「いいえ・はい」を選ぶだけの簡単なものとなっています。最近は持病のある方用の医療保険にも詳細記入欄が付いている場合も多いのですが、この保険については詳細記入欄はありません。
詳細記入欄とは、「はい」に該当する場合に病名やその病気に関する治療全般を記入するものです。例えば初診日や通院歴、入院や手術の有無、場合によっては投薬されている薬の名前などが該当します。

そういった記入がないので、気が楽ですね。

表1・表2は以下の通りになります。

ただし、すべて「いいえ」であれば申し込みが可能となっており、「はい」があれば申し込み自体が出来ません。自身の持病を振り返るには勇気が要りますが、保険の申し込みには必要ですので、頑張って確認してみて下さいね。

保険相談の保険クリニック

あんしんしんセエメエの健康・長生き学園

東京海上日動あんしん生命では、ホームページで健康についての案内をしています。

こういったかわいいホームページです。羊のキャラクターがかわいいですよね。

この様に、健康増進棟・老後に備える棟・図書館・保健室に分かれ、健康などについて詳しいコラムがあります。最近は色々な保険会社が健康に関するフォローをホームページで行っていますね。健康が一番ですので、こういったコラムを利用して健康増進に努めるのはとても楽しいですし、やりがいがありますよね。

最後に

東京海上日動あんしん生命の持病のある方用の保険『メディカルKitラヴ』についてご案内しました。

持病のある方用の保険は健康な方用の保険より、どうしても保障が少なめになりますしまた保険料も割高に設定されています。一番いい方法は、いったん健康な方用の保険に申し込んでみて改めて持病のある方用の保険の検討をする事です。
ただ告知書を申込する分だけ記入していく必要がありますので、持病のある方にとっては負担が大きくなることも事実です。

ちなみにこの保険の健康な方用医療保険として該当するのは『メディカルKit NEO』です。
こちらも参考にしてくださいね。

あまり気負いせず、代理店などに相談をしながら申し込むと負担も軽くなりますし気が楽になると思います。
プロの力を借りるのも必要ですので、遠慮せず問い合わせてみて下さいね。