最近CMで楽天生命の名前がよく聞かれるようになりましたね。楽天生命は条件によってポイント還元のあるめずらしいタイプの保険を提供しています。
この保険の商品には他の保険会社の持っていない特徴がありますが、どの様に検討していけばいいのでしょうか?

楽天生命で65歳男性が申し込みを検討する

【事例】
現在生命保険未加入。65歳男性。保険料10,000円程度で楽天生命の終身で加入希望。
万が一の保障としてどのくらいの保障が下りるのか。

この事例だと死亡保障をご希望なのか医療保障をご希望なのかはっきりしませんが、「万が一の保障」という言い回しをするのであれば死亡保障が一般的ですので、まず死亡保障について検討していきます。

死亡保障で検討する場合

まず楽天生命の死亡保障ですが、対面型・ネット型で確認をしても終身保障はありませんでした。ですので、定期保険で検討していきます。

申し込みが手軽なネット型の死亡保険は、楽天生命では「スーパー定期保険」のみとなります。
この保険で65歳男性、保険料10,000円だとどのくらいの死亡保障を付ける事が出来るのでしょうか。
この保険の一番の特徴は1年更新で保障可能な年齢は80歳まで。死亡保険金は最低1,000万円からとなります

ですので、65歳男性、死亡保険金1,000万円で保険料を確認すると
●保険料 13,550円となります。
また、この保険は1年更新です。更新の度、その時の年齢で再度契約する事になりますので保険料が上昇していきます。保険料は以下の通りになります。
・65歳~69歳 13,500円
・70歳 17,680円
・71歳 19,530円
・72歳 21,690円
・73歳 24,190円
これ以上は省略しますが、この方の希望である保険料10,000円からは離れていきます。ですのでこの保険はおススメ出来ません。

ちなみに楽天生命の定期型死亡保険には店頭販売用の商品があります。「定期保険」という名前の保険ですが、この保険は10年更新・保障期間80歳まで、また死亡保険金は500万円~1,500万円の間(100万円単位)で掛ける事ができます。

その場合の保険料は以下の通りになります。
・65歳男性 死亡保険金500万円(10年更新)保険料11,675円
・75歳男性 死亡保険木500万円(10年更新)保険料24,605円
65歳で契約し10年後の75歳に更新がありますので、概算ではありますが11,675円から24,605円に保険料が上がります。また保障期間が80歳までですので、そこで保障が終了します。

終身ではないので確実に死亡保険金が受け取れるとは限らないのですが、例えば保障期間が90歳の場合は男性の平均寿命84歳を考えると、死亡保険金を受け取れる可能性は高くなります。ただこの保険は保障期間が80歳までですので、死亡保険金を受け取れる可能性は低いと言えます。
それに保険料としても、74歳までは11,675円ですので予算内ですが、更新があると2万円を超えますので予算から外れます。

ですので、平均寿命を考えてもあまりおススメは出来ない商品となります。

楽天生命には残りの死亡保険として「スーパーたよれる定期保険」「長期逓減定期保険」の2つがあります。そのうち「スーパーたよれる定期保険」は緩和型といって持病がある方用の保険になりますので割高となり、もし持病がないのであればおススメ出来ません。

残りは「長期逓減定期保険」となります。こちらは面白い定期保険で、保障期間は90歳までと長く、加入した当時の保険料が90歳まで上がる事なく一定です。ですので保険料の上昇を気にする必要はありませんが、ただ、加入して10年を過ぎると死亡保険金額が下がる保険となります
65歳男性が加入できるものが死亡保険金によってDプランとEプランの2種類に分かれます。

●Dプラン
第一期間(加入時から10年間)の死亡保険金が500万円、それを過ぎると死亡保険金が200万円に下がります。ちなみに65歳男性の保険料は
・保険料 12,160円  となります。
●Eプラン
第一期間(加入時から10年間)の死亡保険金が200万円、それを過ぎると死亡保険金が100万円に下がります。こちらの65歳男性の保険料は
・保険料 5,650円   となります。

死亡保険金額の事と90歳までの保障である事を了承して頂けるのであれば、この辺りの保険料ならば予算内と言えるのではないでしょうか。
ちなみにこの商品は店頭用の商品ですので、代理店での申し込みとなります。

代理店を探すのであればこちらから探してみてください。

医療保障で検討する場合

楽天生命には面白い医療保険があります。「スーパー医療保険戻るんです」という名前の医療保険ですが、この保険の面白い所は、所定の年齢まで払い込んだ保険料のうち使わなかった分を健康還付給付金として戻してくれる所です。
所定の年齢は加入時の年齢によって違いますが、65歳の場合は85歳となります。またこの保険は終身で、85歳になって健康還付給付金を受け取ったとしても医療保障が一生涯続きます。

保険料は、医療保険ですので保障内容について変わってきますが、一例として挙げると以下の内容がテンプレートとしてあります。

●契約年齢 65歳男性
●保障期間 一生涯
●入院給付金 日額6,000円
※1入院60日(支払限度1,095日)
●手術給付金Ⅰ型(入院中の手術:日額×20倍 通院中の手術:日額×5倍)
●8疾病入院支払限度拡大特則 あり
※ガン・心疾患・脳血管疾患については支払限度日額無制限、糖尿病・高血圧性疾患・肝疾患・腎疾患・すい疾患については1入院120日まで(支払限度1,095日)
●通院給付金 日額3,600円
※入院後の通院が対象、1入院30日(支払限度1,095日)
●先進医療特約2018 あり(保険料払込期間 10年)

●保険料 11,828円
●健康還付給付金 2,584,800円
※ただし保険金の受け取りが一切なかった場合の金額となる

もし給付金を全く請求しなかった場合ですが、保険料11,828円で85歳に約250万円を受け取れることになります。死亡保険金とは意味合いが違いますが、死亡保険の保険料や死亡保険金額と考えたとしても悪くない保障です。

またこの保険のメリットとしては、楽天スーパーポイントを貯める事が出来る点です。条件にもよりますが、20年間継続した場合のポイント累計は
6,000(継続割引特約)+28,320(ポイントプログラム)+28,320(楽天カード使用時)=62,640ポイント  となります。

楽天ポイントとしては大きいですね。

ただ大きな問題があって、85歳未満でお亡くなりになった場合は健康還付給付金を受け取る事は出来ませんし、また何かしらの給付金を請求した場合は受け取れる金額も下がります。
そもそも死亡保険金ではありませんから仕方のない事ではありますが、面白い保険ですので紹介しておきます。

楽天生命も面白い保険を出していますね。各保険会社が様々な保険商品を出していますので、いろいろな視点から見て保険の活用法を検討するのもいいのではと思います。