最近、楽天生命もメジャーになりつつあります。比較的新しい生命保険会社ではありますが、楽天のサイトにバナー広告も出ますし通販を利用している方にとっては身近に感じる保険会社ですよね。条件を満たせば保険料の支払いでポイントももらえますし、ポイントユーザーにとっては魅力的です。

最近は広末涼子さんのCMも流れていますよね。

この定期保険はどの様な保険でしょうか?

楽天生命「スーパーたよれる定期保険」とはどのような保険?

この保険は、持病があっても申し込める定期型の死亡保障です。年齢が若い方でも既往歴がある人はいらっしゃいますし持病を抱えている人もいらっしゃいますので、そういった方も保険の検討が出来るその名の通り「たよりになる」保険ですね。

保障内容は?

●保障年齢 満20歳~満90歳
●保障期間 年満了(10年・20年)歳満了(60歳・65歳・90歳)

●死亡保険金 100万円~1,000万円の間(100万円単位で選択可能)
※契約日から1年以内の場合は、死亡保険金が半額に削減される削減期間あり
●災害死亡保険金 死亡保険金と同額
※削減期間がないため、1年以内の死亡でも満額保障
※不慮の事故で事故日から180日以内に死亡、約款所定の感染症での死亡が保障対象
●保険料払込免除
※不慮の事故により事故日から180日以内に約款所定の障害状態になった時が対象
●【特約】リビング・ニーズ特約
※余命6カ月以内と診断された場合に、死亡保険金を事前に支払う特約

この保険ですが、死亡保障をメインに保険料の払込が免除になる保障があったり、余命6カ月以内と診断された場合に死亡保険金を前払いで受け取る事の出来る保障を持っている保険です。保障の内容としては他の保険会社とほぼ同じ内容となっています。

ただ、1点保障が下がる箇所があるので、そこは気を付ける必要があります。加入1年以内の死亡時は死亡保険金が半額になるという「削減期間」がある事です。

この削減期間は持病のある方用の死亡保険では通常設定されているものです。ですのでこの保険の保障が特別低いというわけではありませんが、こういった条件である事を理解しておかないと、万が一、実際に受け取る状況になった場合に「死亡保険金が少ない」とびっくりする可能性があります。
大事な点ですので、忘れずに頭に入れておくことをおススメします。

死亡保険金を受け取る人にも伝えておくことをおススメします。

楽天スーパーポイントの還元は?

楽天の保険ですし、申し込みで一番気になるのはやはり「どの様にしたら楽天スーパーポイントを受け取れるか」ではないでしょうか?

楽天生命の加入で楽天スーパーポイントを受け取るには3つの段階があります。

①【ポイントプログラム】保険料に対し100円に1ポイントが付く
②【楽天カード利用】楽天カードから実際に保険料が支払われる段階で、通常の買い物と同様100円に1ポイントが付く
③【継続割引】楽天生命の継続による保険料の割引を楽天スーパーポイントで受け取る
※③については、保険料(月払)が2,000円以上が条件

①は楽天カードで保険料を支払う事、楽天生命の加入時に楽天IDを紐づける事が条件となります。申し込み時に楽天カードや楽天IDの紐づけを忘れない様して下さいね。また、②は通常の楽天カードでのクレジット払いと同様ですので、なじみやすいと思います。
③については楽天生命独自のシステムで、保険継続1年目から最高5年目まで保険料の割引があります。この保険料の割引を保険料から差し引く事も出来ますし(5年で最大5,000円)、楽天スーパーポイント(5年で最大6,000ポイント)で受け取る事も出来ます。

ちなみに、実際にどの位楽天スーパーポイントを手に入れる事が出来るかですが、一例を使って計算してみましょう。

<例1>30代男性が死亡保険金1000万円を10年満期で申し込み、満期まで継続した場合

●保険料 5,870円
●契約期間 10年
【楽天スーパーポイントの累計】
6,000(継続割引特約)+6,960(ポイントプログラム)+6,960(楽天カード使用)=19,920ポイント  となります。

<例2>20歳男性が死亡保険金500万円を10年満期で申し込み、満期まで継続した場合

●保険料 2,540円
●契約期間 10年
【楽天スーパーポイントの累計】
6,000円(継続割引特約)+3,000(ポイントプログラム)+3,000(楽天カード使用)=12,000ポイント   となります。

10年間の累計ではありますが、けっこうなポイント数になりますね。

持病のある方用の保険は、保険料が割高に設定されています

この商品は持病のある方用ですので、健康な方用の保険と比べて保険料が高くなっています。同じ楽天生命のスーパー定期保険で比較してみます。ただし、スーパー定期保険は1年更新の商品です。

●20歳男性1,000万円(1年更新) スーパー定期保険:保険料960円
(10年更新)スーパーたよれる定期保険:保険料5,080円
●30歳男性1,000万円(1年更新) スーパー定期保険:保険料980円
(10年更新)スーパーたよれる定期保険:保険料5,870円

1年更新と10年更新ということで保険の条件が異なるので、厳密な比較ではない事をご容赦ください。
この1年更新と10年更新で保険料にどのように影響するかと言いますと、一般的に更新までの年月が長いと保険料が高くなる傾向はあります。それは保障する期間が長くなる分、保険金の支払いの可能性が高まるからですが、それにしても20代や30代といった若い年齢で5倍以上の差があるというのはかなりの割高感があります。

これには、この保険が持病がある方用である事にも関係しています。

持病のある方用の保険料は、保険金を支払う可能性が健康な方よりも高いためどの保険会社でも一般的に高めに設定されています。それは仕方のない事です。保険会社ではそういった可能性も考慮に入れて保険料を設定しています。

今回はスーパー定期保険が1,000万円の保険料で提示してある資料で比較しているため、比較のために持病のある方用も1,000万円で保険料を計算しましたが、毎月保険料として支払える予算もありますので、無理のない死亡保険金を選んで保険料を下げて申し込む事も出来ます。
保険料が5,000円台であればそれほど家計の負担にならないのではとも思えますが、自身の収入に合わせて死亡保険金を設定する必要があります。

告知項目はどの様なものなのか?

保険の申し込みには必ず健康状態を保険会社に告知する事が必要です。持病のある方用の保険は告知に関する部分がかなり緩和されていて、保険会社の指定する項目に該当しなければ申し込みできるタイプがほとんどです。

この保険の告知項目は以下の通りになります。

①最近3カ月以内に、医師から入院・手術をすすめめられたこと
または先進医療による療養をすすめられたことがありますか
②過去2年以内に病気やけがで入院したこと
または手術を受けたことはありますか
③過去5年以内に「がん(悪性新生物・上皮内新生物)」「肝硬変」「慢性肝炎」で
医師の診察・検査・治療・投薬を受けたことがありますか

⑦過去5年以内に「狭心症」「心筋梗塞」「糖尿病による合併症」で
医師の診察・検査・治療・投薬を受けたことがありますか
⑧【満40歳以上の方のみ】
いままでに公的介護保険の要介護認定・要支援認定を受けたことがありますか

この5つの項目がすべて「いいえ」であれば申込出来ます。指摘されている病名を見て分かるように、該当しない病気が多い事が分かるでしょうか。健康な方用の保険の場合は、過去5年以内の既往歴についてある程度告知する必要がありますので、それに比べるとかなり緩和されていると言えます。

ただし、保険商品ですから審査はあります。その審査の結果、例えば職業等で加入出来ないという事はありますので、その辺りは念頭に入れておいた方がいいと思います。

申込方法:この保険は対面商品です

では、実際にこの保険に申し込む場合はどの様にすればいいのでしょうか。

楽天生命の保険はネットでも申し込める商品もあるのですが、この商品は残念ながらネットでは申し込めません。対面商品といって代理店で申し込む必要があります
楽天の代理店ですが、私は目にした事がなかったのですが全国各地にある様です。

代理店は下から探してくださいね。

最後に

最近注目を浴びている楽天生命の持病がある方用の定期型死亡保険、「スーパーたよれる定期保険」を取り上げてみました。
楽天をネットショッピングで利用している方は大勢いらっしゃいますし、保険で楽天スーパーポイントが貯められるというのは大きなメリットですね。

代理店を通さないと申し込めない不便さはありますが、保険は万が一の保障を提供する大事なものですので思い切って代理店に足を運ぶのもいいのではと思います。

持病のある方、ぜひ検討してみてくださいね。