生命保険で死亡保険金を受け取ったという話を聞くと、相続税の事が頭に浮かぶのは当然の事なのですが、死亡保険金に発生する税金が相続税ではなく、実は所得税もしくは贈与税の場合もあります。税金がどれに該当するかは、亡くなった被保険者ではなく保険料支払者と死亡保険金受取人との関係が大きく関係するのです。

女性15

今回は、死亡保険金に関わる税金の話になります

どういった場合に税金の種類が異なるのか

そもそも死亡保険金への税金が相続税にならない原因は、被保険者と保険料支払者が同一でない事にあります。通常、契約者と保険料支払者は同一なのは知られていますが(保険会社によって異なる場合もある)契約者と被保険者が別なのはそれほど珍しくありません。

例えば、契約者が夫で被保険者が妻、死亡保険金受取人が夫で保険料支払者が夫。

これは夫が妻に掛けたパターンです。
夫は妻に、妻は夫にと夫婦で万が一のために生命保険を掛け合う事はよくあります。例えば妻が子育て中で専業主婦だった場合、被保険者として妻を指定し死亡保険金受取人を夫に指定したのはいいけれど、保険料の支払いを給与所得者である夫に指定したパターンです。

この場合、もし妻が亡くなった場合は夫が支払った保険に対して夫が死亡保険金を受け取るので、発生するのは所得税です。

また、契約者が夫で被保険者が妻、死亡保険金受取人が子どもで保険料支払者が夫。

こちらも上と同様、夫が妻に掛けたパターン。ただ、こちらの場合は死亡保険金受取人を子どもに指定しています。
この場合は、夫→子どもなので贈与税となります。

保険料支払者を妻に指定しない事は、妻が子育てなど何らかの事情で収入を得ていない場合によくあります。収入の多い夫の口座から保険料を支払うよう指定するのです。
よくある事ではあるのですが、保険料支払者を妻にしないために相続税以外の税金を支払わなければならない事になります。

これが、どういう意味を示すのでしょうか。

所得税・贈与税は相続税より税金が高い

まず先に、相続税の話をしましょう。

相続税は基礎控除額がとても高いのです。この基礎控除は死亡保険金だけでなく不動産や貯金を含めた相続全体で発生するものですが
●相続税の基礎控除額=3000万+(600万×法定相続人の数) となります。
例えば妻が死亡し、夫と子ども3人が法定相続人となったとすると法定相続人の数は4人ですから、相続税の基礎控除額は5400万円となります。

実際は、死亡保険金に関しては課税対象額を計算する必要はありますが、ここまで高額の生命保険をかけるには保険料も莫大になります。通常、生命保険でかける死亡保険金は高くても3000万円、通常は500万~2000万である事を考えると、基本的には死亡保険金で相続税を支払う可能性はかなり低いのです。

ところが、所得税や贈与税はそうはいきません。

所得税の課税対象分

所得税は、死亡保険金の受け取り方法によって一時所得か雑所得になります。
ただ一時所得・雑所得に限らず、所得税は死亡保険金から保険料を差し引いた額を基に計算されます。これは保険料が死亡保険金を受け取るための必要経費と見なされていると考えて問題ないです。

●一時所得の場合
一時所得の課税対象額={(死亡保険金ー支払った保険料総額)ー特別控除額50万}×1/2
例えば1000万円の死亡保険金を受け取り、これまで500万円の保険料を支払ったとすれば
{(1000万ー500万)-50万}×1/2=225万円
ここからは所得額によって割合が異なりますが、この金額から所得税が計算されます。
●雑所得の場合(死亡保険金を年金で受け取った場合に発生します)
雑所得の課税対象分=1年分の年金総額ー相当する保険料支払額
この金額に改めて所得税の計算が行われて、所得税が計算されます。

いずれにせよ、控除で支払う税金がなくなる事はないと考えて問題ないです。

贈与税の課税対象分

贈与税は死亡保険金から基礎控除110万を引いた課税対象額に税率をかけて計算します。税率は課税対象額の金額によって異なりますが、課税対象額が高くなるにつれて上昇します。

例を挙げると
●死亡保険金が600万の場合
{(死亡保険金600万ー基礎控除110万)ー控除65万}×30%=127.5万円
●死亡保険金が1000万の場合
{(死亡保険金1000万ー基礎控除110万)ー控除125万}×40%=306万円

贈与税の計算については以上となり、死亡保険金600万円の場合は贈与税は上記となります。
一般的に贈与税は高いと言われていますが、控除額が少ない上に税率も高いですね。

子どもに死亡保険金を相続させたいのであれば…

まず、夫が保険料を支払い夫が死亡保険金を受け取る場合については、保険料を支払った夫が保険金を得るのですから所得税を支払って自分の老後資金に充てるのもいいのではと思います。
ただ、お子さんを死亡保険受取人に指定するのであれば、贈与税が発生する形だと税金でかなりの金額を支払う事になります。親が死亡したことに変わりはないのにこれは寂しいと思いませんか。

お子さんを死亡保険金受取人に指定するのであれば、最初から被保険者と保険料支払者を同一にして相続で受け取れる様に指定しておいた方がいいですね。