生命保険料控除の申告の時期が来ましたね。控除申請の準備は済みましたか?
保険に加入しているのであれば控除がありますので、せっかく保険料を支払っているのですから控除もしっかり申請しておきたいですよね。

今は共稼ぎも多いですし、ご夫婦でそれぞれに生命保険を掛けている場合も多いと思います。また特に子どもに掛けている医療保険などは契約者がどちらになっているか、すっかり忘れているケースもありますよね。
また、配偶者のうちどちらに生命保険料控除の申請をしたらいいのか、両方なのかそれとも片方にまとめて控除の申請をするのかなど、控除でもいろいろ迷ったりもしますね。

では、どのように生命保険料控除を申請すればいいのでしょうか?

そもそも生命保険料控除とは何?

まずは生命保険料控除について書いていきますね。

私たちは所得税や市民・県民税といった税金を支払っています。この税金は1年間の所得を元に税務署によって決められます。この所得金額ですが、1年間の収入すべてを所得として計算するのではなく、特に自営業は仕入れ代とか交通費とか必要経費を差し引くことが可能ですよね。必要経費も様々ですが、一方、国が一定の金額を必要経費として認めているものがあります。

これが控除になります。

控除もいろいろあります。基礎控除や医療費控除、寄付金控除はふるさと納税で有名になりましたね。
その中に生命保険料控除が含まれる訳です。
ただ、生命保険料控除にも言えますが、基本的には何もしないままでは控除を受ける事はありません。例えば生命保険料控除について保険会社が手続きをする事はありません。ただし、保険会社から1年間支払った保険料を生命保険料控除証明書として送ってくれますので、それを使って自身で年末調整や確定申告で申告をする事で控除を受ける事が出来ます。

ここで先ほどの話に戻りますが、最近では1つの家庭でいくつか保険を持っているのが常ですし、実際に手元にある保険も、契約者がご主人だったり奥様だったり様々だと思います。
特に共稼ぎだと、保険の営業との人間関係でご主人や奥様がそれぞれに保険に加入している事もあるので、ますます分かりづらくなりますよね。

これら手元にあるいくつもの保険について、どの様に控除の手続きを考えればいいのでしょうか?

女性4

保険も数が増えていく事がありますよね。控除の時に内容を把握しておくといいですよね

生命保険料控除は、保険料を支払った人が申告を行います

生命保険料控除の対象は、つい契約者が生命保険料控除の対象になると考えがちですが、実はそうではありません。実は保険料を支払っている人が控除対象となるのです。
保険契約で重要なのは契約者や被保険者、保障内容などですし、実際に保険料を支払っている人の存在ってつい隠れがちなのですが、控除を受けるにあたっては大事な事です。

そして控除が、必要経費として国に認められており所得から差し引かれるものと考えると、その必要経費が保険料であり、保険料を支払っている人が対象になるという事は理解出来るものですよね。
保険料の支払いがなければ保険契約の継続はありませんし、保険料の支払いって大事ですからね。

ただ実際には「うちでは契約者である夫が控除を受けているけど?」と思う人も多いと思います。逆に誰が保険料を支払っているか分からないケースもあるはずです。

契約者イコール保険料の支払いをしている人、ではない事もあります

契約者が保険料を支払っているケースですが、生命保険会社によっては契約者が必ず保険料支払の義務を負う様取り決められている場合も多いですので、契約者が控除対象になるという言い方はあながち間違いではないんですよね。
でも実際は「契約者である夫が控除を受けている」のではなく、「保険料を支払っている夫が控除を受けている」という解釈が正解。

そして場合によっては、必ずしも契約者が保険料を支払っている訳ではなく、契約者以外の口座から保険料を引き落とししている場合も少なくないんですよね。

よくあるケースとしては、夫が子どもに医療保険(死亡保障含む)を掛けていて、保険料はおばあちゃん(夫の母親)が支払っているというもの。
おばあちゃんが無保険を心配して孫のために加入を息子に勧めても、肝心の息子が面倒がって動かないために「保険料は私が支払うから、孫のために保険に入っておきなさい」と息子を契約者、孫を被保険者、保険料支払いを夫の母親として契約する事って珍しくないんです。

もちろん、こういった場合の控除対象者は夫の母になります。

保険も家族が増えてくると各々考えが違いますし、保険の対象となる被保険者をメインで考えて契約していくため、ご主人が忙しくて保険の話を直接聞いている奥様がそのまま契約者として契約を結ぶこともありますし、その時に保険料の支払いだけは夫にしようかとか、申込時に夫の口座が分からないので妻である自分の口座を登録するなど、契約時の状況によって、被保険者以外はその場で決めてしまう事も結構あるんですよね。

ありがちな事ではあるのですが、そういった時は保険契約の内容も忘れがちです。

とにかく控除については「保険料を支払っている人」が対象ですので、どの保険について誰が保険料を支払っているのかという点については、申告の時期にはしっかりと把握しておきましょう。

最後に

保険は万が一の保障のために必要なので契約を結ぶ必要はあるけれど、日常に追われながら保険の事も考えていくのは大変な事です。日常に流されて保険を契約をした事すら、保険料引き落としの通帳を見て思い出す事もあるかと思います。

それでも、保険は金融商品の1つでもあり大きな商品ですから、保険証券は決まったところに保管をし、契約内容は時間のある時にでも把握しておき、せっかく生命保険料控除もあるのですから、きちんと申告して支払わなくても済む税金は支払わなくて済むよう手続きをする事をおすすめします。

手続きも書類を書いたりと面倒なところもありますが、慣れます。
うまく保険を活用していきましょうね。