SOMPOひまわり生命のパンフレットやホームページを見てみると、柔らかい色や文字を使っていて女性をターゲットにしているのかなと感じますね。そんなSOMPOひまわり生命が販売している、女性のための入院保障『フェミニーヌ』。

どの様な保険なのでしょうか?

女性特有の病気を重点的に保障した、女性専用の医療保険です

この保険は、女性特有の病気に限らず、女性がかかりやすい病気での入院に対しても保障が手厚い医療保険です。女性がかかりやすい病気に対して保障が厚い所が、新しいですね。

女性特有の病気・女性がかかりやすい病気での入院には上乗せ金がある

女性特有の病気というのは、卵巣や子宮といった女性にしかない器官に起こる病気。女性がかかりやすい病気というのは、男性もかかるけれども女性の罹患率の方が圧倒的に高いと言われる病気です。
例えば女性特有の病気で挙げられるのは、卵巣がん・子宮がん・子宮筋腫・子宮外妊娠・切迫流産など。一方、女性がかかりやすい病気で挙げられるのは、甲状腺がん・バセドウ病・腎盂腎炎・低血圧症といった病気です。

この保険は医療保険ですから病気で入院した時の入院給付金がついていますが、上記の女性特有の病気・女性がかかりやすい病気については上乗せ金として「女性疾病入院給付金」がプラスされます。

イメージとしては下のイラストが分かりやすいです。

虫垂炎や肺炎・骨折といった「一般的な病気やケガ」については、通常の入院日額である10,000円での保障(疾病・災害入院給付金)ですが、「女性にも多い病気・すべてのがん」と「女性特有の病気」の場合は、通常の入院保障10,000円の他に上乗せ金5,000円(女性疾病入院給付金)がプラスされて15,000円の保障となっていますね。

特に、この上乗せ金ですが、他の保険会社の場合はがんに限られる事が多いのですが、この保険の場合、がんに限らず子宮筋腫ですとか子宮外妊娠、またバセドウ病や腎盂腎炎といった病気にも手厚いのがうれしいですね。

特に腎盂腎炎は、入院まで行かずとも、かかった事のある女性は少なくないのではないでしょうか。かゆい所に手が届くような保障がとてもいいですよね。

ボーナス(生存給付金)として3年ごとに15万円が受け取れる

保険に加入していれば、入院したとしても3年ごとに15万円の生存給付金をボーナスとして受け取れる事が出来ます。
保険に入ると安心して、元気で過ごしていれば保険の事を思い出す事はない日常を過ごすのが普通だと思いますが、ふと気づいたときに15万円のボーナスが手元に入るって大きくないですか?

3年ごとですから、忘れた頃に入ってきますね。

また、3年ごとなら、保険に入ったタイミングによってはお子さんが中学校入学や高校入学、大学入学のタイミングで手に入る事にもなります。

色々な使い道を考える事が出来て、楽しい気持ちになりますね。

ただ保険で万が一の時の保障を補うというだけでなく、こういったボーナスを受け取れると保険も前向きに考える事が出来てうれしいですね。

15年ごとに自動更新が可能、最長90歳までの保障がある

パンフレットやホームページを見ると15年で区切りとなっているのは分かるのですが、その後が気になりませんか?

実はこの保険は入って15年になると自動更新があり、最長で90歳まで保障してくれる保険です。結局のところは定期保険という事になるのですが、解約返戻金はあってもわずかであり満期金もありません。
定期保険のいい所は、終身保険と違って保険料が安い事。
この保険はボーナス(生存給付金)がありますが、保険料はボーナスのついていない保険と比較しても実はそれほど高くありません。

自動更新ですから、保険加入時に大きな病気にかかったとしてもそのまま保険を継続できます。告知が不要なのです。

ただ、欠点が1つ。更新の時に保険料が上がるのです。

更新時に保険料が上がる

定期保険は自動更新してくれるのはいいのですが、自動更新とはいえ契約の更新ですから、保険料が新たな契約時の年齢の保険料に代わるのです。例えば28歳で加入した人は次の更新が43歳ですから、更新時に43歳の年齢の保険料に変わります。
ちなみに28歳の保険料が8,590円(プラン1/日額10,000円・オプションあり)、43歳の保険料が9,102円(28歳保険料と条件同じ)です。
保険料の上昇については年齢によって違うので一概には言えませんが、更新年齢が45歳を超えると一気に上がっていく様です。

ですので、更新時に保険料がどのくらい上がるのかを前もって考えておくと、心の準備が出来ていいですね。

保険相談の保険クリニック

死亡保険金・高度障害保険金が付いている

この保険には死亡保険金が付いています。パンフレットには3つのプランを挙げていますが、死亡保険金については同額の300万円となっています。

また高度障害保険金も付いています。高度障害保険金というのは、SOMPOひまわり保険の定めた高度障害状態になった時に死亡保険金に代わって支払われるもので、プランによって金額が異なっています。
ただし、この高度障害保険金は特約扱いとなっていて、この保険金が支払われた場合は死亡保険金の一部が支払われない事になります。

高度障害保険金が支払われた時に死亡保険金がどのくらい残っているのかについては、問い合わせてみて下さいね。

三大疾病の入院日数は無制限で保障が付いている

この保険の入院日数は1入院180日です。

最近は保障される入院日数が少なめになっていて、1入院60日や1入院120日といった入院日数保障が一般的になりつつあります。ですので『フェミニーヌ』の入院保障はかなり充実していますよね。
実は、最近の病院での治療が入院よりも通院に移行する傾向にあって、実際に病院に入院する日数も減少しつつあります。平均42日と言われています。
それでも、脳血管疾患や肝臓・腎臓の悪化による入院ですと入院が長引く事もありますし、大きなケガでも入院が長引く事があります。

1入院の日数が長めに保障されていると安心感があります。

さらにこの保険は、三大疾病であるがん・急性心筋梗塞・脳卒中については入院日数無制限で保障をしてくれます。大きな病気ですから、入院の制限がなく保障をしてくれるのはとてもありがたいですね。

通院保障が付いている

この保険には通院保障が付いています。入院が前提ですので、入院をしていない場合には通院しても保障はありません。

保障内容としては、退院日の翌日から180日以内に通院をした場合に、30日を限度として保障があります。つまり、退院してから約半年の間に通院すると30回分(通院保障は日数で計算するので30日分)の保障があるという事です。ちなみに、通院日額は入院日額と同額です。
通院保障には通算日数の限度があり、1,000日分までの保障となっています。
色々な病気やケガで入院をし、通院をしますが、すべての通院日数の合計が1,000日分という事です。
ただし、がん・急性心筋梗塞・脳卒中の場合に限り、通算日数の限度がなく、無制限での保障となっています。

特にがんは通院治療が主になりましたから、通院保障が無制限で付いているのは心強いですね。

先進医療の保障が付いている

最近の医療保険には先進医療の保障が付いていますが、この保険にも先進医療の保障が付いています。保障金額は2,000万円。一般的な保障額です。

先進医療とは、健康保険適応外の高度な医療に対して国が「先進医療」と定めた治療の事です。医療は日々進歩していますが、進歩中の多くの治療の中でも多くの人に効果が望める治療を先進医療として定める様です。
先進医療については受ける事の出来る医療機関も国が定めています。特にがんの先進医療には陽子線治療・重粒子線治療というものがありますが、受けられる医療機関は陽子線治療で17か所・重粒子線治療は5か所のみです。

一般的に先進医療の治療代は高く、上記の2つについては陽子線治療で約270万円・重粒子線治療で約300万円程します。ですので、先進医療保障が付いている事は治療の幅を広げる事が出来るので、安心ですね。

———————————————————————————————————
<AD>保険は専門のFP(ファイナンシャルプランナー)に相談するのが一番の近道
●『みんなの保険アドバイザー』

●『保険GATE』

●『保険の比較相談』

———————————————————————————————–

最後に

女性のために作られた医療保険『フェミニーヌ』。名前も女性らしくてかわいいですね。

入院しなくてもボーナスとして3年ごとに給付金が受け取れたり、女性特有の病気だけでなく、女性がかかりやすい病気に対しても上乗せ金があったりと、女性にとって優しい保険になっています。
保険料自体もボーナスが付いている割には決してお高くなく、女性が医療保障を考えた時に、幅広い保障がとても魅力的な保険です。

女性の方には、一度検討をおススメします。